DVDプレスってどんな制作方法?

自分で映像を作ってそれをDVDにしたい場合に「DVDプレス」という方法で作られるそうです。
DVDプレスは原盤(マスター)を作って、それをスタンパー(ハンコのようなイメージ)にしてプレスすることで大量生産することが可能になります。
今市販されているほとんどのDVDはプレスで作られていますし、企業のプロモーション用などのDVDも同じくプレスで作られていることが多いそうです。
枚数が少ないDVDを作る場合にはプレスをするのがもったいない場合もあります。
そういった場合にはDVD-Rでコピーをして作るのも良いかもしれません。
しかし、DVDプレスと違ってDVD-RのコピーだとDVDの記録面に保護がなく、もし記録面に傷がついてしまうと再生できなくなったり劣化しやしぃというデメリットもあるそうです。
だとすると枚数が少なくてもDVDプレスで高品質なメディアを作った方がトータルでみてもお得なのかもしれません。
最近はDVDなどメディア作成の専門業者がたくさんありますので、もしメディア作成をする場合には事前に業者に相談してみるのもいいですね。